暮らしの種まき

地域を映す防潮堤

防潮堤を ”この地域らしい” 防潮堤にするプロジェクトです。地元住民・協力団体ナミイタ・ラボが主体となって、地域の地場産材である波板石(玄昌石)を新しくできた防潮堤に貼るプロジェクトです。防潮堤の計画段階から宮城県港湾事務所に協力いただき、実施に当たってはクラウドファンディングを行い255名の一般の方々にご支援いただき、施工においても全国から多くの人に参加いただいています。本プロジェクトは現在も継続中で、防潮堤の水門工事の完了を待って、引き続き波板石を貼っていく予定です。

Project Titlel: Namiita Lab * Coastal Levee 2
Client:Namiita Laboratory
Location: Miyagi, Japan
Program: Coastal Levee
Project Member:
Partners・Construction | Norio Suzuki, Jinichiro Aoki,  Takeichi Ito, Shinichi Abe, Tatsuya Amanuma, Teruhiro Kataoka (COTONA Inc.), Gen Kumagai (STGK), Teppei Kobayashi (ELTAS), Maiko Sugawara (SHE), Ayano Toki (Tohoku University) , Shinichiro Nakamura(Tsuzuku), support 255 people, Hirano Laboratory (Tohoku University)
Project Manager Teppei kobayashi, Design with Gen Kumagai
Length: L=129.4m
Category: Civil Engineering
Link :https://cotona.myportfolio.com/namiita-lab