暮らしの種まき

リノベーションを意識した復興住宅

1階には1〜2人世帯向けの1LDKの住宅を集め、2階以上に2LDKの間取りの家が集めました。これにより単身高齢世帯が暮らしやすい環境に配慮しつつ、将来的には二戸で一戸となる計画です。

遠景からは背景となる周辺に存在する日本製紙から上がる白煙のなかで落ち着いた色に見えるような配色とし、近景からは視線の流れを意識し、低層部に高木、東屋、下屋も設け、屋外空間全体に様々な居場所を計画しました。敷地南側は将来的に二線堤と呼ばれる高盛土道路も計画されているため、道路側の南棟は左車線の車からの視界を遮るように可能な限り建物角度を振り、生活空間を阻害しないように配慮しています。

Project Titlel: Okaido Public Housing
Client: Ishinomaki City
Location: Miyagi, Japan
Program: Public Housing
Project Member: Teppei Kobayashi(Master Plan, 風景屋 ELTAS), Mitsuru Chiba(Architecture, BAUARCHITECT PLANNING STUDIO)
Construction: Maruhon Gumi Corporation
Structure: RC
Site Area: 4055m²
Category: Architecture