暮らしの種まき

地域に根ざしSDGsに取組む活動の発掘と発信 in東北

NPO法人ETIC.の推進する、東京オリンピック・パラリンピックを契機にさまざまなセクターが協働し、社会に新たな価値を生み出すことを促進するプロジェクト「Social Impact for 2020 and beyond」において、2018年8月より宮城県担当の地域コーディネーターとして活動しています。

    *    *    *    *    *    *

主に以下の活動をしています。

① 宮城県内で活躍する企業・団体等のリーダーや今後活躍が期待される若手リーダーを発掘し、彼らが必要とする支援や他者との協働の機会を得られるよう、コーディネーターとして触媒の役割を果たす。

② ETIC.が運営するウェブメディア「社会課題解決中マップ」に掲載する企業・団体への取材やヒアリングを行い、記事を執筆しサイト上にアップする。

③ ETIC.が企業と連携する“みちのく復興事業パートナーズ”(花王株式会社、株式会社ジェーシービー、株式会社電通、株式会社ベネッセホールディングスが参画)が行うイベントやシンポジウム等の企画運営補助を行う。

    *    *    *    *    *    *

ディレクター・小林恵里が前職(一般社団法人APバンク)在籍時よりコーディネーター業務を担当しており、2014年からNPO法人ETIC.とのご縁をいただいています。特にウェブメディア掲載記事のための取材業務では、宮城県内各地をまわり、日々新しい人々・企業・団体との出会いや興味深いプロジェクトとの出会いをいただき感謝しています。

東日本大震災から丸8年が経過した今、まだまだ復興事業が行われているエリアもあれば、だんだんと落ち着いてきたエリアもあります。様々な状況下ですが、どの地域もたくさんの社会課題を抱えているのは同じです。その社会課題に対して、この東北の地でどんな行動がどのような想いに突き動かされて起こされているのか、一人でも多くの方に知っていただければ嬉しく思います。

Project Title:Local Coordinator / 地域コーディネーター
Client:NPO法人ETIC.
Location:Miyagi Prefecture & Tokyo
Contents:Local coordinate, Interviewing, Writing, Event Organize
Progress:in progress

(2019年3月9日現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です