暮らしの種まき

人物紹介

風景屋 ELTAS 代表
小林 徹平

東北大学産官学連携研究員、ナミイタ・ラボ サポートメンバー
神奈川県秦野市出身。2006年秦野高校卒業、2010年早稲田大学理工学部社会環境工学科卒業、2012年 早稲田大学大学院創造理工学研究科修士課程修了。同年より、仙台へ移住し都市計画系コンサルタントで復興計画策定に従事、同年11月より東北大学災害科学国際研究所へ転職し、最大の被災地である石巻市の復興計画策定に都市計画・土木・建築の観点から参画。
2017年4月、風景屋 ELTASとして独立。
Instagram

 

風景屋 ELTAS ディレクター
小林 恵里

福岡県生まれ東京育ち。2009年早稲田大学国際教養学部卒業。新卒で入社した東京の国際見本市主催会社にて、3年弱セミナー企画運営を担当する。その後小さな古本屋を立ち上げ、約1年仕入れから値付け、在庫管理、店頭販売まで経験。軌道に乗った店を共同経営者に託し、約1年間外資系インターネット関連企業人事部にて新卒採用に従事する。2013年一般社団法人ap bankへ転職後、2014年にはReborn-Art Festival(芸術祭)の立ち上げのため石巻に移住し、実行委員会の立ち上げから行政との連携、アーティストや現地協力者の対応まで幅広く業務を担当。2017年夏に第一回Reborn-Art Festivalの開催を経て退職。2017年11月より夫が主宰する風景屋ELTASへ参画。主にイベント企画運営、ディレクション業務を担当する。
Instagram