toggle
2019-03-05

湖畔らしい環境|基本計画

周囲が山と湖に囲まれる駐車場とその周辺環境の計画。どこから来るのも遠い敷地だからこそ、心身ともに解放できる場所を。

“ あずましい湖 日常を忘れ悠久の時間の中で 過ごす ” という周辺環境が持つ価値観に対して、相応しい駐車場を。基本計画にあたり、六つの価値観を提示しつつまとめています。

1. 玄関として外輪山を感じる自然に溢れた駐車場
2. 乗り物から身体を解放させるおだやかな時間
3. 人の意識を湖へ向ける
4. 子供が自由に溢れる場所を
5. 休みたいときに休める場所を
6. 利用者目線のサービスを

検討にあたり、敷地周辺で店舗を構える地域住民との意見交換を行いながら、計画策定に至っている。意見交換に案の骨格を担う大事な観点が追加された。
1. 駐車場付近の一部道路の歩行者専用化
2. 身障者優先の駐車場
3. 観光バスの降車場の廃止、乗降マスの戦略的配置

planning Concept
plan
各班で課題に対して意見交換をしています

各班の共通の発見を共有している。

Project Titlel: Parking lot Planning
Project Term : 2018.11-2019.3
Client:Ministry of the Environment
Location: Aomori, Japan
Program: Landscape design planning
Project Member: Chuo Kaihatsu Corporation, Teppei Kobayashi(Directer・Coordinater, 風景屋 ELTAS)
Area : about 20,000㎡
Category: Civil Engineering

関連記事